プロミスでの申し込みや審査時間は?借入に必要なもの

お金を借りたいけれど、申し込みするのは初めてで借り入れに不安を持っている方。

プロミスは借り入れをしたことがない人でも利用しやすく、テレビでも大々的に宣伝されているので、安心して申し込みができます。

プロミスには消費者金融にしかないサービスなども備えられているので、うまく利用すれば金利なしでの借り入れと返済をすることもできます。

プロミスに申し込みする時、必要になる物を用意しておけば、申し込みもスムーズです。プロミスでの審査や借り入れについて紹介していきます。

 

プロミスはいくらまで借りられる?

どれくらいならお金を借りることができるのかを知っておかないと、自分が必要としている金額を借りることができるか不安ですよね。

プロミスは融資上限金額としては500万円と設定されています。

ただ、申し込みする方によって、融資を受けられる金額は変動してきます。

借りられる金額が変わる理由は、消費者金融が対象とされている総量規制というものにあります。

 

プロミスは総量規制の対象

銀行には銀行法があるように、消費者金融には総量規制という規則が取り決められています。

もちろんプロミスも総量規制の対象となっているので、借りられる金額が人によって様々となっているんです。

そもそも総量規制は、契約をしている方がお金を使いすぎたり、多重債務に悩まされることがないようにと作られた規制です。

総量規制は、個人の年収の3分の1までに制限する規制となっています。

年収が900万円だとすると、その方が借りられる上限金額は300万円ということになります。

なので、プロミス自体の融資上限金額の500万円を借りるようにするには、年収が1500万円なければいけません。

また、この3分の1の年収の中には、他の消費者金融でも借りた金額も入っています。

A社から100万円、B社から100万円を借りている状態で、プロミスからも借り入れをすると、プロミスからは100万円しか借りることができません。

プロミスとは別の金融業者からも借り入れしている時は、どれくらい借り入れしているのかを把握しておくようにしましょう。

 

プロミスで借り入れする時に必要なものは?

お金を借りるためには、申し込みに必要なものを用意しておくことが大切です。

事前に必要な物を用意していれば、申し込みもスムーズに進み、どこかでつまずくこともありません。

プロミスで申し込みをする際に必要になる物として基本な物は、本人確認ができる身分証明書です。

本人確認できるものとしてメジャーなものは、運転免許証です。

ですが、まだ運転免許証を持っていないという人もいますよね。

そうした時は、パスポートなどの顔写真つきのものを用意しましょう。

顔写真のついたものがない場合は、保険証と診察券などの公共の場で使用できる身分証明書を用意しておきましょう。

顔写真のものや、身分証明になるものが保険証などの1点しかないという場合は、市役所で住民票を取ることをおすすめします。

住民票もプロミスでは身分証明書として使用できるので、手元に身分証明のできるものがない時は、住民票で本人確認ができる書類を用意しておくと便利ですよ。

また、外国籍の方は、在留カードを用意すれば、本人確認はできるので用意しておきましょう。

在留カードの他にも、特別永住者証明書でも本人確認はできます。

 

借り入れた金額によって必要になるもの

借り入れした金額が50万円を超えている場合や、プロミスと他社からの利用残高が100万円を超えている場合は、借り入れする方の収入を証明する必要があります。

収入を証明する書類はいくつかありますが、源泉徴収票や確定申告書を用意するときは、最新のものを用意するようにしてください。

給与明細書を用意する場合は、直近2ヶ月分と、1年分の賞与明細書が必要になります。

収入証明書を用意するのは時間がかかることもあるので、あらかじめ準備しておくようにしましょう。

 

様々な状況に合わせて対応してくれる

冠婚葬祭など、急な出費があるとお金を用意するのが難しく困ってしまうことも。

友人や家族にお金を借りるのも躊躇われる時には、金融機関でお金を借りてみましょう。

プロミスはいろいろな状況に合わせた借り入れの方法を提供をしてくれます。

 

30日間の無利息期間

銀行は低金利ということで人気ですが、プロミスには30日間だけ無利息期間というサービスが設けられています。

これは銀行のように低金利になるのではなく、初回利用し始めた日から30日の間、利息が発生しない期間を設けられるようになるサービスなんです。

はじめて借り入れをする方におすすめのサービスで、少しの金額を借り入れしたい人に向けたものとなっています。

この無利息期間は、初回出金の翌日から開始され、30日の無利息期間を利用することで、利息なしで借り入れと返済をすませることもできます。

給料日がいつかを計算してから無利息期間を利用すれば、プロミスを初回利用して数日で返済を終わることもできるんです。

たとえば、無利息期間が始まって5日目に返済が終了し、再度プロミスで借り入れした場合、まだ無利息期間が残っていれば再度借り入れした金額にも利息は発生しません。

ただ、再度借り入れして、それが無利息期間内に完済できなければ、期間を過ぎたところから通常の利息分がかかってくるので注意しましょう。

 

すぐに返済できる時はフリーキャッシング

プロミスの初回利用者ではない方でも、金利をできるだけおさえる方法はあります。

大きな金額を借りるつもりがない人におすすめなのは、フリーキャッシングという借り入れ方法です。

大きな金額を借りておらず、一週間ほどで返済ができてしまう金額なのに、利息は一つ気分のものを取られてしまうと損害が大きいですよね。

プロミスのフリーキャッシングは、借り入れして翌日に返済するなら一日分、7日間利用した場合は7日分の利息がつくようになっています。

10万円を借りた場合、それを12回に分けて30日毎に返済していく方法と、一括で返済する方法とでは、かかってくる利息もおおきく変わってきます。

12回に分けて返していく場合は、一回の返済額が9,158円となります。10万円を返し終わった時の総返済額は109,894円となります。

これが一括返済になると、総返済額は101,463円になります。同じ金額を返済していても、返済期間が長くなればそのぶん利息も多くかかってきます。

損のない借り入れができるようになっているので、大きな金額を借りるつもりがないという人はフリーキャッシングでの借り入れをしてみましょう。

 

女性専用のキャッシングが可能

消費者金融は男性ばかりが担当をしているイメージがありますが、女性のスタッフも増えています。

ですが、男性相手では相談がしづらいという方もいますよね。

そうした方にむけてあるのが、女性専用のレディースキャッシングです。

レディースキャッシングは女性のオペレーターが対応してくれるので、男性と話すことが苦手という方におすすめです。

また、パートやアルバイトが収入源となっている主婦や学生の方も気軽に申し込みができることでも人気のキャッシングとなっています。

こちらのレディースキャッシングも、プロミスの通常のキャッシング同様融資限度額は500万円までとなっています。

 

申し込み方法も状況に合わせて

プロミスでの申し込み方法はいくつかありますが、一番知られているのは、直接来店されてから申し込みする方法です。

来店すれば直接スタッフと会話できるので、相談事や聞いておきたいことなども知ることができます。

必要な書類を事前に用意してプロミスまで直接持っていけば、すぐに申し込みができるようになっています。

来店する暇がないという方は、Webや、プロミスコールからの申し込みをおすすめします。

プロミスコールでは先ほど紹介したレディースキャッシングも利用でき、スマートフォンから簡単に電話での申し込みができます。

30分~1時間での審査が終了してからの契約になりますが、契約方法は直接店頭に向かうか、近場の自動契約機に向かうか、郵送での契約を行うようになります。

店頭や自動契約機に向かう場合は、契約書類を作成してからカードを受け取って契約手続きが完了します。

郵送だと契約書類がプロミスから送られてきて、さらにそれを申込者が記入してから送り返すことで、自宅にカードが届くようになります。

郵送での申し込みは時間がかかるので、インターネットが苦手、即日融資でなくてもいいという人におすすめの申し込み方法です。

ですが、郵送での申し込みなら、一人暮らしの方なら周囲の人に借り入れがばれることもないので、内緒で借り入れしたい時には郵送での申し込みにしてみましょう。

家族と一緒に暮らしていて、家族にも借り入れしていることを秘密にしておきたいという人は、Webでの申し込みをしましょう。

Web申し込みなら、プロミスでは24時間土日祝日でも対応してくれます。

夜遅くからでも申し込みができるので、突然お金が必用になっても、自動契約機がもう営業していない時にも利用できます。

契約手続きの際に、ATMからの返済か口座振替による返済かで、返済方法を選ぶことができます。

この時に口座振替による返済方法をえらんでおくと、Web完結で手続きを完了することができます。

また、カードの郵送を希望しないと選択すれば、自宅にカードが送られてくることがありません。

プロミスからの郵送物が届かないので、家族に借り入れについて秘密にしておくことができるようになっています。

 

プロミスの審査基準は?

銀行は審査が厳しく、消費者金融は審査が緩いという話を聞いたことがある方はいるかもしれません。

プロミスの審査は緩いのか、通過しやすいのか、気になりますよね。

プロミスの審査基準はどういったふうに決められているのかを把握すると、審査にも通過しやすくなります。

 

安定した収入がある

プロミスで借り入れの申し込みをするためには、まず安定した収入がなければいけません。

収入がなければ、返済能力がないと判断されて融資自体が受けられなくなってしまいます。

プロミス側からしても、安定した収入がなければお金を貸すことはできません

年収が100万円以上あれば、プロミスでは借り入れすることが可能です。

ですが、収入が少ないと融資を受けることができないのではと不安になる方もいますよね。

そうした不安や疑問を抱えこんでしまうと、自分の収入について虚偽の申請をしてしまうこともあります。

ですが、こうした虚偽の申請は在籍確認などの審査によって判明するので、信用情報に傷が付く可能性のある虚偽申請はしないようにしましょう。

また、安定した収入を確保できる定職に就いていれば、ブラックリストに載っていない限りは問題なく審査に通過できます。

パートやアルバイトの方も、安定して収入を得ている場合には申し込みができます。

が、専業主婦の方は申し込みできないので注意しましょう。

 

返済履歴に問題がないか

プロミスでは、申し込みをされた方の過去2年間のカード関連での支払いについて調べるようになっています。

銀行や消費者金融は、信用情報機関と連絡を取り合い、個人の信用情報について調べることができます。

プロミスも申し込みがされた時、個人の信用情報を確認して、過去2年間に該当者が滞納や返済遅れがないかを把握するようになっています。

最低でも3ヶ月いないに滞納などの状態になったことがあると、審査に落ちやすくなるので注意しましょう。

また、返済遅れや滞納の他にも、債務整理を行って自己破産している場合は、数年の間金融機関から借り入れしてはいけないようになります。

もしも借り入れできない期間に融資を受けてしまうと、規約違反となってしまうので気をつけましょう。

 

プロミス以外の借り入れ件数が多くないか

総量規制の対象となっているプロミスでは、多くの金融機関からすでに借り入れをしていると、プロミスで借り入れがすでにできなくなっている場合もあります。

もしもプロミス以外の消費者金融で借り入れしている場合は、その金額も計算してからプロミスで融資をうけるようにしましょう。

ただ、総量規制の対象になっていない銀行からの借り入れ金額は計算にいれなくても大丈夫なので、計算方法には気をつけてください。

また、プロミスに申し込みをしている最中に、いくつかのキャッシングサービスに一気に申し込みをする方がいますが、それはやめておきましょう。

一気に申し込みをすることで、信用照会機関からの印象が悪くなり、審査落ちしてしまう可能性が高くなります。

審査に落ちてしまうかもしれないから保険で別の金融機関にも申し込みするのは、例え審査通過するか不安でもやめておきましょう。

 

初回審査の人は注意

基本的には、プロミスの審査は上記の三つの審査基準をクリアしていれば、審査には問題なく通るはずです。

ただ、プロミスを初回利用する方はすこし注意が必要です。

プロミスは初回審査を厳しくしているため、希望の融資限度額が通らないこともあります。

なので、審査に必ず通過したい場合は、希望の限度額を20万円いないにおさめるようにしましょう。

控えめな金額を最初に希望して、カードローンの利用実績をつんでいくと、プロミスが増額審査を行ってくれることがあります。

実績をだしてから次第に利用する金額をあげていくことが基本となっているので、最初に大きなお金を借りるのはやめておきましょう。

 

審査に不利有利な人は?

プロミスの審査では、個人の信用情報について確認する他にも、いくつかの項目でスコアリングをして、融資を受けても大丈夫な人かを判断しています。

まずは、審査基準ともなっている年収や、その人の年齢です。

プロミスは20歳以上69歳以下の方なら申し込みできるようになっていますが、20代前半から50代前半の方は特に有利となっています。

働き盛りであると判断されやすいため、返済能力も高いと見なされることがあります。

一人暮らしで転居を繰り返している方などは、あまり良い印象を受けません。

住所が短期間のうちに何度も変更されていると、金融機関は夜逃げや滞納の危険性を考えてしまいます。

一人暮らしでは家族から情報も聞き取れないので、家族と一緒に暮らしている方と比べると審査では不利になってしまいます。

プロミスではパートやアルバイトの方でも申し込みすることは可能となっていますが、どうしても正社員より不利になってしまいます。

正社員の方でも、勤続年数が3年以上となっている場合が理想とされているので、まだ勤務して1年も経っていないという場合は審査に通らない場合もあります。

ですが、これは判断材料の一部なので、誰にでも審査通過と、通過できない可能性が残っています。

これらの項目よりも個人の信用情報のほうが重要視されるので、多重債務や滞納など、信用情報に傷の付くことがないようにしましょう。

 

プロミスの審査時間はどれくらい?

申し込みの時に気になるのは審査の時間ですよね。

あまり長く待っていたくないという人は、できるだけ速く審査を終わらせたいと考えることも。

プロミスの審査時間は、だいたい30分から1時間以内で終わることができます。

融資完了までの時間も含めると、最短で約2時間で完了することも可能なようです。

ただ、プロミスの混雑状況によっては、審査が長引くこともあります。

混雑する時間帯を避けることで、できるだけ審査時間を短くすることができます。

他にも、Webでの申し込みをする際に、入力ミスや本人確認の書類に不備がないかをきちんと確認しておきましょう。

入力ミスなどは、書類に記入するのと違い、送信してしまえば訂正することができなくなってしまいます。

間違いがないかは送信する前に何度か確認しておくようにしましょう。

入力ミスがないように気をつけるだけでも、審査時間を長引かせないことに繋がるので試してみてください。

 

審査に落ちてしまった原因

プロミスに申し込みをしたのに審査に落ちてしまったという人には、いくつかの原因があります。

審査落ちするかもしれない原因は、すぐに対策ができるものや、数年時間をかける必要のあるものまで様々です。

 

虚偽の申請があった

申し込みをする際の書類に誤情報が記載されていると、審査落ちすることがあります。

ほとんどの場合は、申し込み内容が確認されている段階で情報の修正が行われますが、誤情報が多すぎると審査落ちする可能性が高くなります。

申告されている情報について裏付けができなかった場合などにも審査に通過することが難しくなります。

特に、融資限度額をできるだけ多くしようと、自分の収入を多めに記入される方もいますが、そうした虚偽の申請はしないようにしましょう。

収入が多ければ審査で通過しやすいと考えることもありますが、虚偽の申請はマイナスの印象を与えるだけなのでやめるようにしてください。

また、故意に虚偽申請をする場合だけでなく、記入ミスや入力ミスによって申請内容に不備をおこしてしまうこともあります。

Web申し込みをする方は入力している内容について間違いがないかを確認してから送信するようにしてください。

間違えただけなのに虚偽申請とみなされると、再度申し込みすることもできなくなることがあるので注意してください。

 

審査基準を満たしていない

安定した職に就いていない、他社からの借入額が多い、プロミス以外の金融機関に動じ申し込みをしている。

うした審査基準を満たしていない条件や、すでに借り入れができない金額までの融資を受けている際には、プロミスでの審査に落ちる可能性があります。

もっと悪い場合では、個人の信用情報に傷がつく可能性もあります。

審査基準となっているものをクリアしていない場合は、融資が受けられないと考えるようにしましょう。

 

信用情報にすでに傷がある

これまでに使用したクレジットカードや、利用したことのあるローンの返済などで、すでに信用情報に問題があるという人は、借り入れ自体が難しくなります。

信用情報に傷がつく理由としては、滞納や返済遅れが続いたり、自己破産などをすることになったというものがあります。

その他にも、スマホの本体代を数ヶ月分滞納したりしたことがあると、信用情報に傷がつくことになります。

信用情報の傷はものによっては5年から10年の間、信用情報機関に滞納や自己破産の情報が載るようになります。

信用情報に一度傷がついてしまうと、それを回復させる方法はありません。

信用情報は保存年限が決められているため、その年数が経っていないのに情報を削除することはできないようになっています。

情報の中身が間違いであった場合には、例外として情報の削除ができることもありますが、なにも問題もなく情報が事実だという場合には削除ができません。

信用情報はプロミスだけでなく、すべての金融機関で重要視される判断材料です。

5年から10年の間金融機関での融資を受けてはいけないとされている方は、プロミスなどの金融機関とは別の場所から融資を受けるようにしましょう。

 

プロミスの返済方法は?

借り入れした後は、借りた金額を返済していかなければいけません。

ですが、返済す間には利息もかかってくるので、なるべくお得に返済していきたいですよね。

プロミス決められている約定返済日は、5日、15日、25日、末日となっています。

通常はこの中から都合のいい日を選んでもらってから返済をしてもらうようになります。

プロミスの返済方法にはいくつかの方法があるので、自分に合っていると思う返済方法を選んでみましょう。

 

自分の好きなタイミングで返済を

プロミスの約定返済日は紹介しまいしたが、その日は都合が悪い、自分のタイミングで返済していきたいという方は随時返済の方法を選ぶことをおすすめします。

随時返済を選ぶと、返済金額や返済する日時を自分で決めることができます。

通常の返済の仕方では、月に一度の返済日に融資を受けた金額を少しずつ返していきますが、随時返済は余裕があれば月に二度返済をしていくことも可能です。

なので、通常よりもはやめに返済が終わることもあり、支払う必要のあった総利息を減らすことができるようになっています。

随時返済は、できるだけはやく返済を完了して、利息をあまりかけずに済む方法となっています。

 

手数料無料の返済方法

まずはインターネット返済から紹介します。スマートフォンが普及したことで浸透してきた返済方法です。

インターネットができる環境さえあれば、スマホから返済することも可能となっています。

インターネットでの返済方法は24時間利用できるようになっています。

ですが、第3日曜日だけは000600まで、毎週月曜日は000700の間使用不可となっているので注意が必要です。

返済する金額をすぐに反映してくれるので、返済がどれくらい済んでいるのか確認が取りやすくなっています。

次に口座振り込みでの返済方法です。

三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を利用して返済したい場合は、約定返済日のどれかを選んで返済する必要があります。

また、この二つ以外の金融機関の口座を利用する場合は、毎月5日が返済日とされます。

口座振替の返済方法は、自動的に返済金額を引き落としてくれるので、あらかじめ金額が入っていれば返済忘れがなく、返済遅れの心配がありません。

返済日を忘れやすいという人にはおすすめの方法です。

店頭窓口からの返済は、10001800までの間に返済をすませる必要があります。

仕事や勉強、家事などで忙しい方は、時間が取れないということで返済に行けない方もいます。

ただ、店頭に直接向かうことができるので、プロミスのスタッフに何か相談があった時にはすぐに質問することができます。

借り入れについて相談がある時にはおすすめの返済方法です。

7002400まで開いているプロミスATMでの返済。

営業時間が長いので、仕事帰りに立ち寄ることもできるようになっています。

LoppiFamiポートでの返済も営業時間が長く、日曜日の2300~月曜日の700の間以外であれば、端末から申し込んで、レジでの支払いが可能となっています。

 

手数料がかかる返済方法

プロミスATMとは違う提携ATMからの返済では、1万円以下の取引1回について、108円の手数料がかかるようになっています。

これが1万円以上の取引になると、手数料は216円になります。

メンテナンスで000700の間は利用できなくなっています。

また、この提携ATMの中にはコンビニのATMも含まれているので、近場にあるコンビニからすぐに返済できる利便性があると同時に、手数料が発生するデメリットもあります。

 

いくつかの返済方法を組み合わせて利用する

この中で一番便利な方法は、インターネットからの返済方法です。

空いた時間でも返済することができるようになっているので、用事があって返済しにいく時間ができない時でも、手軽に返済することができます。

インターネット返済で随時返済しながら、口座振替で約定返済していけば、通常よりもはやい期間で返済を完了することができます。

二つの返済方法を利用することで返済遅れをなくし、延滞などのリスクを回避することができるので、効率的に返済していきたい方におすすめです。

 

返済シュミレーションで返済計画をたてる

返済のためには、その計画をたてることも大切です。

プロミスでは返済シュミレーションという返済計画をたてることができるようにもなっています。

返済シュミレーションを利用すれば、返済にどれくらいの期間が必要になるかが把握することができます。

金額や返済完了までの期間によっては金利も変わってくるので、どれくらい返済するのかは計算するのが手間になることも。

返済シュミレーションは、借りる金額や返済期間を入力するだけで金利がいくらになっているか、総金利がいくらになっているのかを確認できます。

 

まとめ

プロミスには審査基準とされている条件がいくつかありますが、それにクリアしていれば、大抵は審査に通過することができます。

安定した収入があり、信用情報に何か問題がなければ、審査通過が難しくなることはありません。

プロミスには無利息期間や、女性専用のフリーダイヤルなども用意されているので、様々な状況に合わせて対応してくれます。

審査時間も30分から1時間で完了することができる他、インターネットからの申し込みもできるようになっています。

周囲の人に借り入れがばれないように契約手続きもできるので、ぜひ利用してみてください。